新設法人へ。自分でできる?専門家に依頼すべき?|澁谷税理士事務所

目次

自分でやる or 専門家に依頼する

永遠のテーマですが、結論から言えば、「自走できる人」なら自分でできることもあります。

が、限度がありますので、どこから専門家に依頼すべきなのかを解説してゆきます。

なお、「自分でできる」とは「専門家のアドバイスを一切受けずに」一人でゼロから調べて完結することを意味します。「自分で(作業を)やるからやり方だけ専門家に教えてもらう」は「自分ででき」ているとは言えないためです。

結論

項目ジャンル相談先備考
確定申告税務税理士
税務関連届出書・申請書税理士
税務に関する判断税務税理士
経理、会計処理会計公認会計士、税理士最終的には自社でやることが望ましい
法的な紛争解決法務弁護士
就業規則人事労務社会保険労務士
契約書チェック法務弁護士、司法書士、行政書士
会社設立登記司法書士
著作物等の権利保護法務弁理士
決算書に対する監査会計公認会計士
不動産の登記登記司法書士
不動産の価格算定その他不動産鑑定士
許認可その他行政書士
社会保険、年金社会保険社会保険労務士
給与計算人事労務社会保険労務士、税理士最終的には自社でやることが望ましい
助成金の申請人事労務、社会保険社会保険労務士
補助金申請その他民間専門機関、行政書士
融資支援その他民間専門機関、税理士(一部)
事業の引継ぎ、引受けその他日本政策金融公庫テクニカルな内容は各専門家へ

なお、専門家に依頼できる項目でも、自社でやることが望ましい項目もあります。

外部専門家が管理することが難しい項目がこれに該当します。

確定申告や法律紛争などは起きる頻度が少ないので、必要なときに外部専門家に依頼するという対応ができますが、毎月生じ、かつ、その会社の従業員(内部の人間)でなければタイムリーな事実関係の把握をすることが困難な項目(会計処理や給与計算など)については、自社で対応することが望ましいです。

自力でやる難易度

私は税理士なので税務周辺の分野にしか言及できませんので、税務分野における「自力でやる難易度」を独断と偏見で記載すると以下のような感じになります。

項目自力でやる難易度
個人の確定申告(簡単なもの)★☆☆
個人の確定申告(複雑なもの)★★★
法人の確定申告★★★
税務に関する判断★★★
経理、会計処理★★☆
税務調査対応★★★
会社設立★☆☆

スポット相談

弊所では、スポットでご対応させて頂くサービスも取り扱っております。顧問契約締結前のお試しとしてもご利用頂けます。

ご紹介の無い方でもまずはお気軽にお問合せ下さい。

目次