税務顧問

目次

税務顧問とは

どんなもの?

会計・税務のように毎月継続的にタスクが生じるような分野については、外部専門家(税理士)と顧問契約をご締結頂くことで専門家に継続的に相談することができます。

「会計・税務の両方をこなすことができる従業員」を雇用する場合と比較して、外部専門家(税理士)と顧問契約をご締結頂くメリット・デメリットを以下に挙げさせて頂きます。

メリット

従業員を雇用する場合(人件費:毎月約30、40万円~/人)と比較するとより少ない金額で税務の体制を整えることができる

自社で税務ソフトメーカーと契約不要、税務ソフト操作を代行してもらえる

専門家によるサービス提供を享受でき税務体制の信頼性が向上する

(弊所の場合)税理士本人が直接ご対応

デメリット

顧問税理士はあくまでも「外部の人間」であるため関与する範囲が限定的となる

ご依頼者様が行った取引の事実関係の詳細を顧問税理士が把握することに時間を要する場合がある

サポート可否

弊所にてサポート可能な方

  • (法人の方)期首資本金額1億円以下で増資のご予定の無い法人
  • (個人の方)給与所得が無い方(=ご自身の事業で生計を立てている方)
  • 自計化済の方 or 1年以内に自計化をされるご意思のある方
  • おおむね月次で数字を固めていきたい方(負担を平準化したい方)
  • 資料はペーパーレスにしたい方
  • お取引のキャッシュレス率を高めたいという方

弊所にてサポートできない方

適用可能な「税務上の優遇措置」についてはご提案可能ですが、「法的安定性に欠ける行為」には協力できかねますので、例えば以下の様な方はご契約をお断りさせて頂きます。予めご了承のほどお願いいたします。

  • とにかく税金を安くしたいという方
  • 過去の誤った処理や申告を修正したくないという方
  • (個人の方)同一業種で個人事業と法人運営をされている方
  • 弊所コンプライアンス方針に抵触する場合

記帳代行<自計化

原則、「自計化」

項目釣りに例えると…
記帳代行魚を代わりに釣ってもらう
自計化魚を自分で釣る
自計化サポート魚の釣り方を教わる
イメージ

「自計化(=自社で会計を行うこと)」とは「記帳代行」と対になる言葉です。

弊所では、中長期的に見れば「記帳代行」よりも「自計化」のメリットの方が勝ると考えておりますので、「記帳代行」をはじめとした「会計業務代行」は行っておりません(一部例外を除きます)。

もちろん、自計化のためのサポートをさせて頂きますので、現時点で自計化できていなくとも、自計化されるご意思があれば問題ございません。

「記帳代行」と「自計化」の比較

項目メリットデメリット
記帳代行・事務負担を丸投げできる・税理士報酬が高くなる
・時間がかかる
・税理士からの追加質問に要回答
・自社の会計に無頓着になってしまう
・(1人事務所の場合)顧問税理士が

税務アドバイスに割く時間が無くなる
自計化・鮮度の高い会計数値やキャッシュフローを把握できる
・自身の会計を自身で説明できるようになる

(金融機関や大口顧客と取引したいときなどに重要)
・事務負担が生じる

「自計化できているかどうか」の指標の一例

項目必須レベル
会計ソフトの操作方法を概ね理解している★★★
資産勘定(預金など)や負債勘定(借入金など)がマイナス残高になっていない★★★
預金残高⇔預金勘定 が一致している★★★
固定資産台帳⇔試算表 の整合性が取れている★★★
給与に係る会計処理が正しく計上できている★★★
源泉徴収に係る会計処理が正しく計上できている★★★
発生主義を理解できている★★☆
月次決算整理を行っている★☆☆

月次の関与

弊所では「予防的サービス」を基調としているため、月次で関与させて頂きます。

原則、以下の項目を毎月ご対応頂く必要がございますが、たまたまご多忙な月などご都合があるかと存じますので、ご完了されるタイミングはご相談くださいませ。

  • 記帳
  • 証憑(請求書や領収書など)準備など
  • クラウド非連携取引などの集計

会計ソフト

現在 マネーフォワードクラウド のみを対象とさせて頂いております。

クラウド会計により効率化が可能です。

イメージ図。青が手作業、赤が自動化

サービス範囲

項目弊所他専門家など
クラウド会計導入サポート
記帳代行原則×
月次の会計サポート
会計処理の相談
税務ソフト利用&操作の代行
法人税等又は所得税の確定申告書作成&代理
申告書添付書類の作成サポート&提出
税務関係届出書・申請書の作成&提出
メールによる税務相談
納税手続きのサポート ※代行は除く
納税手続き×
税務署からの問合せ対応
年3回までの定期WEB面談 ※1回40分上限
消費税の確定申告書作成&代理課税事業者の方のみ
償却資産申告書の作成&代理申告義務がある方のみ
事業所税の申告書作成&代理申告義務がある方のみ
法定調書の作成&提出申告義務がある方のみ
月次仕訳帳の網羅レビューオプション
月次決算整理サポートオプション
税務調査立ち合いオプション
証憑添付オプション
源泉徴収事務サポートのみ可
給与計算×
ご契約当事者以外の者に関する業務 ※1別契約
会計・税務以外の分野に関する業務 ※2×
特殊性・個別性の強い事案 ※3×
税務判断の基礎事実がまだ生じていない状態でのアドバイス ※4×

※1 ご契約当事者=法人である場合の「代表取締役個人の所得税申告」や、「ご契約当事者のグループ会社の法人税申告」など

※2 法務や社会保険、助成金申請支援、キャッシュの管理、従業員による横領等の有無確認、債権債務の管理業務、お客様のビジネスの売上を上げるためのアドバイスなど

※3 海外支店・海外グループ会社等の海外関連事案や組織再編成、事業承継、相続税など

※4 「仮に●円の設備投資をした場合の税額シミュレーションをしてほしい」など、「設備投資」という基礎事実が生じていない場合など

概算料金表(税込)

料金構造

「標準装備サービス」の概算料金

法人のお客様

平均年間売上高月額顧問料申告料年間
1,000万円未満27,500円~顧問料2、3か月分~412,500円~
1,000万円以上3,000万円未満33,000円~495,000円~
3,000万円以上5,000万円未満38,500円~577,500円~
5,000万円以上1億円未満49,500円~742,500円~
1億円以上66,000円~990,000円~
  • 上記は一例です。詳細はヒアリング後にお見積させて頂きます。
  • 上記は税込金額です。
  • 期末資本金額が1億円以下である場合の概算料金表となります。

個人のお客様

平均年間売上高月額顧問料申告料年間
1,000万円未満16,500円~顧問料2、3か月分~247,500円~
1,000万円以上3,000万円未満22,000円~330,000円~
3,000万円以上5,000万円未満27,500円~412,500円~
5,000万円以上1億円未満38,500円~577,500円~
1億円以上55,000円~825,000円~
  • 上記は一例です。詳細はヒアリング後にお見積させて頂きます。
  • 上記は税込金額です。

「その他サービス」の概算料金

項目料金(税込)
消費税申告書の作成&提出16,500円~/回
法定調書合計表の作成&提出従量制/回
償却資産申告書の作成&提出従量制/回
事業所税申告書の作成&提出従量制/回
税務調査立ち合い77,000円/日
月次決算整理サポート月額顧問料半額~/回
月次仕訳帳の網羅レビュー50仕訳ごとの従量制
その他イレギュラーな事案別途お見積又はタイムチャージ

最初にご対応頂くこと

項目目的料金お支払い先
事業専用口座開設、事業専用カード作成など主に効率化外部サービスによる外部サービスによる
可能な限り取引をキャッシュレス化効率化外部サービスによる外部サービスによる
Dropboxアカウント作成資料共有無料
Chatworkアカウント作成連絡無料
会計ソフト会社との契約会計帳簿作成会計ソフト会社による ※1会計ソフト会社

※1 一定の場合にはお客様側のご負担が生じないこともございます。

契約ご締結の流れ

STEP
依頼フォームのご入力と送信

本ページの下部よりお進み下さい。

STEP
ご面談

まずは、ご依頼者様にとって弊所が相性の合う税理士かどうかを確認するため、30分程度のヒアリング面談(無料)を実施しております。

STEP
お見積額のご提示
STEP
ご本人様確認&契約内容のご説明
STEP
契約締結
STEP
業務開始

依頼する

以下ボタンより次のページへお進み下さい。

目次