スタートアップ向け。税務会計と財務会計、管理会計の違い

弊所・澁谷税理士事務所は、主に渋谷・新宿・池袋など首都圏西側地域の事業者様からご相談頂くことが多い事務所で、マネーフォワードクラウドをメインで扱っております。ITツールをフル活用し、ペーパーレス・キャッシュレスをベースにサービス展開しております。

本コラムでは3種類の「会計」について解説しています。

目次

会計には3種類ある

ひとことで「会計」と言っても、「税務会計」「管理会計」「財務会計」の3種類あります。

このうち、中小企業が主に気にすべきは「税務会計」「管理会計」です。

結論

スクロールできます
種類基準目的
税務会計税法税務申告
財務会計会計基準など株主等への開示
管理会計会社による経営に役立てる

税務会計

税理士が主に関与するのは「税務会計」です。

事業者の規模が非常に小さい場合、「税務会計」をしっかりやっていれば、とりあえずはOKです。

乱暴な言い方をすると、例えば、事業に必要なインターネット代を「通信費」勘定に入れようが、「支払手数料」勘定に入れようが、どちらも費用勘定なので利益計算には影響を及ぼしません(=税額に影響なし)。

税務会計ベースの場合、この辺が結構ラフになります。

お問合せ

澁谷税理士事務所は主に渋谷・新宿・池袋など首都圏西側地域の事業者様からご相談を受けることが多い事務所です。オンラインにて全国対応もしております。

マネーフォワードクラウドをメインとしている税理士事務所です。ITツールをフル活用し、ペーパーレス&キャッシュレスを基調としてサービス展開しております。

スポット業務も御座いますので、ご紹介の無い方でもまずはお気軽にお問合せ下さい。

目次