クラウド会計と取引キャッシュレス化の重要性|澁谷税理士事務所

相手がいる話なので業種によってはキャッシュレス化したくてもできない、という場合も当然ありますが、それでも一旦現状の取引決済手段の中でキャッシュレスにできるものはないか見直してみると、無駄な事務負担を軽減できるかもしれません。

目次

プライベート用と事業用を切り分ける

基本中の基本ですが、プライベート用の決済手段で事業用の買い物などをしてしまっている場合は、まずは事業専用口座、事業専用クレジットカード、事業専用交通系ICなどを作り、プライベートと事業とを完全に切り分けることから始めます。

両者を混在させることは、無駄な事務負担を生み出す諸悪の根源です。

キャッシュレス決済手段

決済手段具体例シチュエーション
銀行振込得意先に対する売上の入金
クレジットカード、
デビットカード
仕入れ、
事業に係る販管費の支払
交通系ICモバイルSuica、
モバイルPASMO
移動費、
コンビニなどで購入する事務用品など
バーコード決済QRコード決済少額の消耗品や事務用品などの購入
法人プリペイドカードマネーフォワードビジネスカード営業社員などに配る

これらを全てクラウド会計と連携してしまうとものすごくラクになります。

スポット相談

弊所では、スポットでご対応させて頂くサービスも取り扱っております。顧問契約締結前のお試しとしてもご利用頂けます。

ご紹介の無い方でもまずはお気軽にお問合せ下さい。

目次