交際費の800万円基準と5,000円基準(10,000円基準)について解説|澁谷税理士事務所

法人が支出する交際費に関して、「800万円の基準」や「5,000円の基準」などの言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

これらについて解説してゆきます。

目次

800万円基準

ざっくり申し上げますと、「1事業年度(12か月)中の交際費について、一定の要件を満たす場合は、800万円以下の範囲内ならば損金(≒経費)に算入してOK」というものです。

ちなみに、この800万円基準の対象となるのは以下の要件を満たす法人だけです。

  • 期末資本金の額が1億円以下
  • 期末において大法人による完全支配関係がない

余談ですが、「800万円以下」であって「800万円未満」ではないのでご注意ください。

5,000円基準

接待などで社外の人間と飲食をしたときの費用について、参加者一人当たりの支出額が5,000円以下のものは、そもそも税務上の交際費等に該当しない(=損金としてOK)、というものです。

このあたりは、文章だとイメージがわきにくいと思いますので以下の図を参考下さい。

税務上の交際費等については、大きく分けると「飲食を伴うもの」と「それ以外」とがありますが、5,000円基準は前者の話です。

ちなみに、この5,000円基準についても、「5,000円以下」であって「5,000円未満」ではないのでご注意を。

そもそも「交際費等」とは

会計上の交際費≠税務上の交際費等

経理や確定申告の本などを読むと出てくる「交際費」というワード。税務上はしっかりとした定義があります。

会計上は「交際費」という勘定科目を使用していたとしても、税務上の定義に合致していなければそれは税務上の交際費等に該当しません。

逆に、会計上は例えば「支払手数料」などの勘定科目を使用していたとしても、税務上の交際費等の定義に合致すればそれは税務上の交際費等に該当します。

税務調査でも「会計上の交際費」勘定以外の勘定科目に、「税務上の交際費等」に該当するものが含まれていないかどうかは必ず確認されると思っていた方が良いです。

条文上の定義

以下の条文が根拠です。

(一部省略)交際費等とは、交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為(一部省略)のために支出するもの(次に掲げる費用のいずれかに該当するものを除く。)をいい、(一部省略)。

 専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行等のために通常要する費用

 飲食費であつて、その支出する金額を基礎として政令で定めるところにより計算した金額が政令で定める金額以下の費用

 前二号に掲げる費用のほか政令で定める費用

租税特別措置法第61条の4第6項 より抜粋

改正について

ちなみにこの「5,000円基準」ですが、近々で改正の話が出ており、2024年4月以降の支出については「10,000円以下」に引き上げられる予定です。

その他参考コラム

コラムに関する免責事項

当サイト内のコラムの内容をご参照・ご活用等された場合、以下に掲げる内容についてご同意頂いたものとみなさせて頂きますので必ずご一読下さい。

  • 当サイト内のコラムの内容については正確性等を高めるよう努めておりますが、その内容に対していかなる保証をするものでも御座いません。
  • 当サイト内のコラムに記載された情報(第三者から提供された情報も含む。)をご利用頂いたことにより損害や不利益等が生じた場合でも、当サイト管理者は一切責任を負いません。
  • ご自身の税務等に関するご判断に際しては、最終的には必ずご自身の顧問税理士等へご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。
  • 当サイト内のコラムは簡潔さに優先順位を置いておりますので、一定の情報は割愛させて頂いております。
  • 当サイト内のコラムはその執筆時点における法令等の情報に基づき整理したものです。
    法令等は日々改正されるものであり最新の法改正等の内容が未反映となっている場合もあるため、必ずご自身で最新の法令等の情報をご確認下さい。
  • 当サイト内のコラムはあくまで当サイト管理者の私見であり、他の専門家と解釈が相違する場合も御座います。
  • 当サイト内のコラムは予告なしに変更や更新、削除されることが御座います。
  • 当サイト内のコラムに記載された情報の無断転載等は固く禁じます。

スポット相談

弊所では、スポットでご対応させて頂くサービスも取り扱っております。顧問契約締結前のお試しとしてもご利用頂けます。

ご紹介の無い方でもまずはお気軽にお問合せ下さい。

目次